2017/11/05 07:00

小悪魔女子から未亡人まで…“心の陰”があるから美しい臼田あさ美が演じたヒロイン

(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会/11月11日(土)全国ロードショー

無職でミュージシャンの恋人を支えるため、キャバクラで働く献身的な女性かと思えば、再会したかつての恋人との関係にのめり込んでいく別の一面も見せる……。臼田あさ美が演じる2人の男の間で揺れる主人公ツチダの恋愛模様を描くのが、11月11日(土)から全国公開される『南瓜とマヨネーズ』です。

臼田の過去の出演作を見てみると、ツチダに似たどこか“陰”のある女性を配役されていることが多いようです。なぜ、臼田には陰のある役が多いのか? これまでに臼田が演じた人物の魅力とともに、各ヒロインとツチダの共通点を振り返り、今作における臼田の演技を占いたいと思います。

自由奔放な小悪魔女子。でも実は…

『色即ぜねれいしょん』(2009年)で臼田は、童貞高校生の主人公が一目惚れしてしまう、憧れの年上の女子大生オリーブを演じています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >