2017/11/13 19:00

日本犯罪史上に残る事件を映画化!“狂気”の新人監督に日本映画界が注目!

『全員死刑』 2017年11月18日(土)全国ロードショー (C)2017「全員死刑」製作委員会

近年稀にみる強烈な個性を持った新人監督、小林勇貴をご存じでしょうか。27歳にして常軌を逸したエピソードが満載の小林監督は、日本映画界で今後注目を集めること間違いなしの若き才能です。そんな彼がこの度、商業映画デビューを果たします。

本物の不良と映画製作!ヤバい映画を撮る漢・小林勇貴監督

(C)2017「全員死刑」製作委員会 小林勇貴監督

小林監督は、そのフィルモグラフィーがかなり個性的。監督の友人が不良に拉致され、さらにリンチされた事件を基にした監督デビュー作『SuperTandem』(2014年)では、なんと実際にリンチの被害者となった友人を主演に据えて撮影。その強烈なキャスティングもあって、この作品は第36回ぴあフィルムフェスティバルのコンペティション部門で入賞を果たします。

ここで注目を集めた小林監督は地元・富士宮市で暮らす本物の不良からインタビューし練り上げた物語を、総勢46名(うち20名は逮捕歴あり)の不良をキャスティングし『孤高の遠吠』(2015年)を作り上げます。撮影中に出演者がトラブルを起こして失踪したり、その失踪した出演者を他の出演者がネットで見つけ出し撮影現場に連れ戻したりなど、さまざまなトラブルを乗り越え完成した前代未聞の作品は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリを獲得。映画ファンや関係者から高い支持を得ることになります。そんな小林監督が満を辞して『全員死刑』(11月18日公開)で商業映画に殴り込んだのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >