2017/11/29 11:00

『ハガレン』のエドから見える、“映画俳優”としての山田涼介の力量

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

荒川弘の世界的人気コミックを実写映画化した『鋼の錬金術師』(ハガレン)。多くの読者がそれぞれに思い入れを持つ作品だけに、漫画のキャラクターを生身の俳優が演じることに対しては、様々な意見があるだろう。だが、主人公のエド役を演じた山田涼介(Hey! Say! JUMP)の勇姿は、一見に値すると断言できる。過去の出演映画での演技も踏まえながら、彼の力量を考察していきたい。

過去の出演映画でも、確かな存在感と演技力が炸裂

まずは、2015年3月に公開された初主演作『映画 暗殺教室』。『鋼の錬金術師』同様、人気コミックの映画化だが、ここでも“アイドルとしての山田涼介らしさ”を抑制。人当たりはいいが、暗殺能力に長けている少年を見事にかたちにした。続編『暗殺教室〜卒業編〜』(2016年)でも、その純度をキープしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >