2017/12/16 07:00

シャネル、ディオール、サンローラン…映画に見る世界的ブランドの危機

『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』/ 12月23日(土・祝)新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー/(C)HEELS ON FIRE LTD 2017

12月23日公開の『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』は、イギリスの世界的シューズブランド「マノロブラニク」のデザイナー、マノロ・ブラニクの魅力と仕事を追うドキュメンタリー映画です。

ファッションブランドにスポットを当てた映画では、華やかな世界を垣間見ることができる一方、想像以上に厳しい仕事の世界も描かれています。ファッションの巨匠たちは、その厳しい局面を乗り越えてきた強者ばかりです。今回は、ブランドの危機を彼らはどう乗り越えてきたのかを、映画より紐解いていきます。

ファッションショー直前なのにドレスがない!…『ディオールと私』(2015年)

急な前任者の解雇で、フランスの老舗ブランド「ディオール」のデザイナーに就任したラフ・シモンズ。通常なら半年はかかるコレクションの発表会の準備を、わずか2カ月ほどでやらなければならない……。そんな緊迫した状況を掘り下げたドキュメンタリー映画です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >