2017/12/06 07:00

日本公開中止!ジェニファー・ローレンス主演作『マザー!』は、何が衝撃なのか?

米ニューヨークで『マザー!』のプレミアに出席したジェニファー・ローレンス
Platzer/TwinImages/SipaUSA/Newscom/Zeta Image

文=ロサンゼルス在住ライター 町田雪/Avanti Press

奇才ダーレン・アロノフスキー監督が、アカデミー賞常連のジェニファー・ローレンスを主演に据えた最新作『マザー!』の日本劇場公開が見送られた。私生活でも交際に発展した実力派監督&主演女優のコンビに加え、ミステリアスな役どころを担う主演男優ハビエル・バルデムの存在感、ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門への出品など、話題性は抜群。ところが、ひとたびお披露目されるや、その衝撃から賛否が極端に分かれることになった映画だ。一体、どのような作品で、何が衝撃なのか? 米国からリポートする。

新しい詩が書けずに苛立つ夫と安らかな幸せを築こうとする妻

第74回ヴェネチア国際映画祭に出席したハビエル・バルデム(左)とジェニファー・ローレンス(右)
(c)Avalon.red

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >