2017/12/13 07:00

ダンサーが音符のように「第九」を“踊る”!?その汗と涙の舞台裏を撮った女性監督に聞く

『ダンシング・ベートーヴェン』12月23日ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開(c)Fondation Maurice Béjart, 2015 (c)Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015

文=新田理恵/Avanti Press

年の瀬になると町に響きわたるベートーヴェンの交響曲第九番、通称「第九」のメロディ。なかでも「歓喜の歌」のフレーズは、老若男女「聞いたことがない」という人はまずいないというほどポピュラーだ。

1964年、ベルギー・ブリュッセルで、天才振付家モーリス・ベジャールによる舞台『第九交響曲』が初演された。本来、それぞれがひとつの舞台を形成するバレエ、オーケストラ、合唱が、三位一体となったこの革新的なステージは、20世紀の歴史に残る“傑作”として語り継がれている。そんな“「第九」を踊る”という壮大な試みに迫ったドキュメンタリー映画が『ダンシング・ベートーヴェン』(12月23日公開)だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >