2018/01/12 07:00

高橋一生はビンタされ、山﨑賢人はカーテンの中で…イケメン俳優の“ほろ苦い恋”

2017年だけでも「カルテット」(TBS系)「おんな城主 直虎」「わろてんか」(ともにNHK)「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」(フジテレビ系)と話題のドラマに引っ張りだこの高橋一生。2018年も、1月に『嘘を愛する女』、2月には主演を務める『blank13』など、出演映画の公開も続々と控えている。『嘘を愛する女』では主演である長澤まさみを翻弄する演技を期待されているが、高橋自身は過去に苦い恋愛経験があったようだ。今回はそんなイケメン俳優たちの“ちょっぴりほろ苦い”恋愛エピソードを紹介する。

好きな子に優しさを見せるはずが逆効果だった綾野剛

高橋一生の初恋は小学5年生のころ。映画館デートに成功するも、そこで彼女の鼻の下の産毛が気になってしまい指摘したところ、思い切りビンタされてしまったとインタビューで語っている。

イケメン俳優にもほろ苦い恋愛経験があるのかと驚くが、綾野剛も中学生のころに片思いしていた、クラスメイトとのほろ苦いエピソードを、2012年4月22日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)で披露している。綾野は、トマト嫌いな意中の相手のために給食のトマトを代わりに食べてあげたのだという。しかし、口に含んだトマトの汁が彼女にかかってしまったそう。その後、綾野は「わざとじゃないよ」と言うところを、「冗談じゃないよ」と誤って発言してしまい、誤解を招いてしまったのだとか。なんともほろ苦い想い出だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >