2017/12/27 17:00

恋人役は猫!? エブリタイム注目女優・沢尻エリカ、斬新な世界観でアラサー女性の内面に迫る!

『猫は抱くもの』
2018年6月23日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー
(c)2018『猫は抱くもの』製作委員会

文=高村尚/Avanti Press

その美貌と飾らない言動で、スクリーンの内外で話題を提供してきた沢尻エリカ。なんだかんだいって彼女が、現在の日本映画界でもっとも存在感を放つ1人であることに異論はないだろう。

朝鮮高校の清楚なヒロインから、全身整形のモデルまで

真っ先に思い浮かぶのは出世作『パッチギ!』(2004年、井筒和幸監督)。1968年の京都を舞台にしたこの映画では、日本人高校生と恋に落ちる朝鮮高校の女子生徒を演じ、「勝ち気なのに清楚」なヒロイン像で鮮烈な印象を残した。北川景子と姉妹役だった『間宮兄弟』(2006年、森田芳光監督)ではイノセントな可愛さを炸裂させる一方、同年に公開された『手紙』(2006年、生野慈朗監督)では犯罪加害者の弟の妻となる女性を好演。作品や共演相手によって雰囲気まで一変する“芝居力”と、直感的な役理解の深さは、誰もが認めるところだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >