2018/01/18 11:00

「半沢直樹」「陸王」ディレクターが9年ぶりの映画『祈りの幕が下りる時』で力量を見せつける!

(C)2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

テレビドラマ「半沢直樹」(2013年)や「陸王」(2017年)で知られる、高視聴率奪取ディレクター、福澤克雄が実に9年ぶりに映画の監督を務めた『祈りの幕が下りる時』。1月27日より公開される本作は、東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編である。ダイナミックな作風で知られる福澤だが、本作ではそれだけではない深い演出力を発揮している。「新参者」シリーズには初登板ながら、堂々と新風を巻き起こし、充実のフィナーレをもたらしているのだ。

名作映画『砂の器』を彷彿とさせるヒューマンドラマ

スマートな人あたりと、深い洞察力を兼ね備えた加賀恭一郎(阿部寛)を主人公とした「新参者」シリーズ。最終作では、これまで伏せられていた加賀の母親の行方と、母親と関係するある人物をめぐる事件が紐解かれる。

キーマンは、美しき舞台演出家、浅居博美(松嶋菜々子)。元女優である彼女は、かつて加賀と出逢っていた。過去と現在を紡ぐ因縁と、その背景にあるものが、エモーショナルな筆致で浮き彫りになっていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >