2018/01/11 11:00

長瀬智也、国分太一も…“落語家”を演じたイケメンたちとその効果とは?

2019年1月より放送予定、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の出演者発表会見が11月29日に開かれ、タレントのビートたけしや俳優の森山未來、神木隆之介ら、出演キャストが発表となった。彼らがドラマで演じるのは、巧みな話芸で演芸場に笑いの華を咲かせる「落語家」。落語をテーマにした作品の中でも、イケメン俳優たちが落語家を演じる作品では、若い女性たちに「落語」の面白さを再認識させ、新たな落語ブームを生み出しています。そこで今回は、過去にイケメンたちが落語家を演じた作品を紹介します。

イケメン人気俳優の森山と神木が、なんと落語を披露!

「いだてん~東京オリムピック噺~」は、1912年の「ストックホルム」、1936年の「ベルリン」、1964年の「東京」の3つのオリンピックを軸に、明治から昭和にかけて移り変わる東京の様子やオリンピックにまつわる秘話を描く作品です。

ドラマの語り手は、“落語の神様”こと古今亭志ん生で、この志ん生役はビートたけしが演じることが決まっています。また、森山未來は若き日の志ん生を、神木隆之介は志ん生の弟子・五りんを演じます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >