2018/02/01 07:00

松坂桃李、窃盗団に襲われた…!“九死に一生”を得たイケメンたち

Photo/Getty Images

現在放送中のNHK連続テレビ小説「わろてんか」に出演中の、俳優・松坂桃李。女優・葵わかな演じる女性興行師の夫で、「お笑い」が大好きな元旅芸人というユニークなキャラクターを演じ、注目を集めています。人気イケメン俳優として多くの女性ファンを獲得してきた松坂には、過去に海外で命の危険から逃げ切った恐怖エピソードがあります。今回は松坂をはじめ、イケメン俳優たちの「九死に一生」エピソードを紹介します。

絶体絶命! ナイフを持った男たちが…!

松坂が「九死に一生」の体験について明かしたのは、2017年10月に公開された自身の出演映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の舞台あいさつでのこと。“究極の愛”をテーマにした同作品にちなみ、過去に体験した「究極の出来事」について問われた松坂は、撮影のため訪れたカンボジアでの“恐怖体験”を明かしました。

撮影期間中、同国の地元民から「(世界遺産の)アンコール・ワットから眺める朝焼けはいいぞ」と聞かされたという松坂。その言葉に誘われるまま、早朝に一人でアンコール・ワットを訪れたところ、なんとナイフを持った5人ほどの男たちが突然駆け寄ってきたのだとか。「これはやばい、と思ってアンコール・ワットに逃げ込んで、(周囲にいた)観光客に助けてもらいました」と、当時の状況を振り返りました。命からがら難を逃れたことを知った共演者と観客は、驚きを隠せない様子でした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >