2018/02/04 09:00

広瀬アリス・すず、かつて同級生に!? 上白石萌音・萌歌が7年かかった姉妹共演

2018年6月8日公開予定の映画『羊と鋼の森』で姉妹初共演を果たす上白石萌音と上白石萌歌。二人は作中でもピアニストの姉妹役を演じ、ピアノの連弾シーンも披露する。二人が芸能界入りしたのは、2011年に開催された第7回「東宝シンデレラ」オーディションで萌歌がグランプリ、萌音が審査員特別賞に輝き、同じ事務所に入ったのがきっかけ。それぞれ精力的な女優活動で実力を磨き、7年越しで姉妹共演を果たすことになった。そこで今回は、上白石姉妹のような、姉妹の共演エピソードについて紹介しよう。

念願だった姉妹共演が実現して涙を流した平愛梨・祐奈

平愛梨は、妹の女優・平祐奈と2017年8月12日放送のバラエティ番組「もしもツアーズ」(フジテレビ系)で初共演を果たした。二人の年齢差は14歳、愛梨が1999年デビュー、祐奈が2011年デビューとキャリアも12年もの差があるが、かねてから二人は仲良しであることをSNSなどでアピール。ようやく念願だった姉妹共演が叶ったことで、愛梨は「ずっと共演したかったもんね」とSNSに姉妹で撮影した写真を投稿、二人で涙を流したことを明かした。また祐奈もInstagramで「待ちに待った姉妹共演!!夢叶った」と喜びをつづった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >