2018/03/03 07:00

2年後の千早たち、そして広瀬すずらの成長の記録『ちはやふる -結び-』

(C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社

競技かるたを題材にした末次由紀による人気コミックを原作に、2016年に“上の句”“下の句”の2部作で実写化され、200万人を超える観客動員を記録した映画『ちはやふる』。あれから2年。高校3年生となった綾瀬千早(広瀬すず)、真島太一(野村周平)、綿谷新(新田真剣佑)の喜怒哀楽を百人一首を通して描く完結編『ちはやふる -結び-』が、3月17日よりついに公開される。この記事では、1作目から演じ続けてきた若手俳優たちが、キャラクターとともに成長してきた姿を紹介する。

恋に疎い千早を中心としたラブストーリーも、ついに…!?

前作で千早は、クイーンの称号を持つ若宮詩暢(松岡茉優)との勝負に敗れ、瑞沢高校競技かるた部の仲間とさらに強くなることを決意。千早がかるたにのめり込むきっかけとなった新も、彼女の情熱に触れ、離れていたかるたに対する気持ちを思い出すことに。そして再び千早がクイーン戦で詩暢と、新も名人戦で太一と一戦を交える場面でエンディングを迎え、本作へと続いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >