2018/02/02 11:00

彼、彼女、どっちと呼べばよい?「アバウト・レイ 16歳の決断」に学ぶトランスジェンダー

(c) 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

2015年にゴールデングローブ賞を受賞した米ドラマ『Transparent(トランスペアレント)』やカーダシアン一家のケイトリン・ジェンナーの性転換が注目を集めたように、生まれもった性別でセクシュアリティを判断する時代は過ぎ去りつつあります。今回は、トランスジェンダーのティーンとその家族の葛藤と成長を描いた『アバウト・レイ 16歳の決断』から学ぶセクシュアリティについてお話したいと思います。

多様なトランスジェンダー

『アバウト・レイ 16歳の決断』の主人公レイ(エル・ファニング)は16歳をもうすぐ迎えるトランスジェンダーの男の子。身体は女の子として生まれましたが、心の性別は男の子です。性別適合治療の一貫としてホルモン治療が受けられる16歳になるのが待ち遠しいレイ。

典型的なティーンの男の子のように、せっせと筋トレに励むレイを見守るシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、レイの性の移行を表向きはサポートしています。でも、「レイが将来後悔したらどうしよう」とこっそり悩み中。しかも、マギーの母ドリー(スーザン・サランドン)はトランスジェンダーの意味がよくわからず、しょっちゅうレイを「彼女」と呼んでマギーやレイをイラつかせます。自分はレズビアンであるが“トランスジェンダー”に関しては鈍感なドリー……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >