2018/02/12 07:00

異文化カップルあるあるを描いた物語に共感! 違うからこそ思いやれる優しい映画

『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』
2月23日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほかで全国順次ロードショー
配給:ギャガ
(c)2017 WHILE YOU WERE COMATOSE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

文=皆川ちか/Avanti Press

先日の第90回米アカデミー賞ノミネーション発表において、『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』が脚本賞にノミネートされた。脚本を手がけたエミリー・V・ゴードンとクメイル・ナンジアニ夫婦の実話に基づいた内容で、彼らの名前から連想されるように、異文化人間カップルの紆余曲折を描いたラブストーリーだ。ナンジアニはなんと本作で主演も務めている。

この映画には個人的に、グッとくるところが多い。筆者(私のことです)の配偶者はアメリカ人、いわゆる“外国人”なのだけど、異文化カップルあるあるトラブルがそこかしこに散りばめられていて、身につまされるところが多かった。愛し合っているのに、なぜトラブルが起こるのか。本作はその理由を紐解いている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >