2018/02/03 08:00

『リング』から20年。Jホラーの巨人・高橋洋が明かす恐怖誕生秘話

今から20年前、1本の呪われたビデオテープから始まる死の連鎖を描いた『リング』が劇場公開された。爆発的ヒットを記録したこの作品は、日本映画史に“Jホラー”というジャンルを確立させ、その影響は世界にまで波及。『リング』はいまだJホラーの金字塔として語られ、脚本家であり映画『呪怨』シリーズにも関わった高橋洋はJホラーの巨人として知られている。監督作『霊的ボリシェヴィキ』の公開を控える高橋に、改めて当時の熱狂を振り返ってもらった。

忘れられない劇場大パニック

1998年に公開された『リング』は、瞬く間に興収10億円を突破。それまでマイナー・ジャンルとして扱われていた和製心霊ホラーを一気に表舞台に引き上げた。それを契機に雨後の竹の子の如く和製心霊ホラーは量産され、“Jホラー”という呼び名で広く浸透。特に『リング』人気は根強く、シリーズ化、ハリウッド進出、近年もスピンオフ版やハリウッドリメイクのシリーズ第3弾『ザ・リング/リバース』が製作されるなど、連鎖は続いている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >