2018/02/16 08:00

行定勲監督作品にみる、悲劇的な恋に落ちた女たちの美しさ

『リバーズ・エッジ』/2018年2月16日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー/(C)2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

“恋愛映画の名手”とよばれる映画監督のひとり、行定勲の最新作『リバーズ・エッジ』が2月16日より公開されます。行定作品では初の漫画原作とあって、本作は公開前から注目を集めています。

行定作品の魅力は、どの作品も共通して女性が美しく撮られていること。悲劇的な物語であっても、その映像美に心奪われてしまう作家性が、多くの人を魅了しています。今回はそんな行定作品に登場した美女と、彼女たちを演じた女優の演技を紹介します。

長澤まさみの女優魂が光る…『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)

テレビCMで流れた「助けてください!」と叫ぶシーンがあまりにも有名な『世界の中心で、愛をさけぶ』。主人公の朔太郎が婚約を機に地元に帰り、十数年前に白血病に侵されて失った初恋の人・亜紀の思い出と向き合い、婚約者との一歩を踏み出すという物語です。朔太郎と亜紀の純愛は涙なくしては観られません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >