2018/02/28 11:00

幸福、そして人生とは?『ダウンサイズ』は、ただ小さくなる話じゃなかった!

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

人生とは選択の連続であり、例えその選択が正しかったとしても、その後の結果や偶然の出来事に翻弄されることもある。そして、本当の幸せを掴むためにまた選択しなければならない。いや、そもそも本当の幸せとは何なのか。そんなことをヒューマンかつユーモラスに教えてくれるのが、アレクサンダー・ペイン監督・脚本の『ダウンサイズ』(3月2日より公開)だ。

1750万円の資産が、ダウンサイズで14億5000万円に!?

映画のタイトルにもなっている「ダウンサイズ」とは、爆発的な人口問題を解決するために開発された、人間を1/14にする科学技術のこと。ダウンサイズを行った人間は消費も1/14となり、全てがミニチュア化された世界で暮らすことで資産は82倍にアップし、大金持ちになれるとされている。

そんな暮らしに憧れた主人公、ポール・サフラネック(マット・デイモン)は、妻のオードリーとともに夫婦でダウンサイズすることを決意。ポールは低収入でストレスの多い毎日にうんざりしており、漠然とした不安は感じながらも、ダウンサイズを承諾する。ダウンサイズする直前には、最低限の品を思い出箱にまとめていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >