2018/02/28 19:00

主演3人だけじゃない! イーストウッドが描く「英雄」たちのリアル

『15時17分、パリ行き』 3月1日公開 (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.

「自己の運命を担う勇気を持つ者のみが英雄である。」とはドイツの作家ヘルマン・ヘッセの名言です。これまで、不屈の勇気で偉業を成し遂げた英雄たちを題材とした映画は、数多く作られてきました。87歳にして、今なお現役バリバリの名匠クリント・イーストウッド監督も、『15時17分、パリ行き』(3月1日公開)で英雄を扱っていますが、その撮影方法が驚くべきものなんです。

パリ行き列車テロを当事者&同場所で完全再現!

2015年8月21日、アムステルダムからパリに向かう高速列車タリスの乗務員と乗客554名は、自動小銃を持ったイスラム過激派から襲撃テロを受けます。止めようとした男性客が傷つき倒れる中、旅行をしていたアメリカ人青年3人が自らの危険を顧みず決死の抗戦。乗り合わせた旅行者たちと協力して、見事テロ犯を取り押さえた奇跡のニュースは、世界中に驚きと感動を与えました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >