2018/03/26 11:00

え、本当に叩いていたの! 特技や趣味を活かす、ドラムも叩ける俳優たち

『ANIMAを撃て!』 3月31日公開 (C)2017 埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

特技や趣味が仕事の役に立った! なんて経験ありませんか? 履歴書にも記入欄があることからも分かるように、その人の価値を測る上で意外にも重要なもののひとつです。それは俳優にも言えることで、意外な特技が役につながるということも。今回は“ドラム”という特技を、映画で活かしまくっている、俳優を紹介します。

世界的ロックバンドの元ドラマーという異色の経歴!

まず紹介したいのが、『トウキョウソナタ』(2008年)をはじめ、テレビ、映画、舞台とコンスタントな活躍を見せる実力派俳優、小柳友です。彼は、夢に迷う女性ダンサーと夢をあきらめたドラマーの男の出会いと再生を描いた青春ストーリー『ANIMAを撃て!』(3月31日公開)で、華麗なドラムを披露しています。

決まった楽曲があるわけではなく、主人公の果穂が躍るコンテンポラリーダンスに合わせて、ドラムを叩くという高度な技術が要求される役ですが、タイトかつ安定感のあるドラムで、主人公のダンスに花を添えています。時にはダンスを煽るようなフレーズを入れ込むなど、特技レベル以上の腕前を見せています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >