2018/03/08 11:30

出演作120本目!吉永小百合、この映画が最後かもしれない?最新作インタビュー

(c)2018『北の桜守』製作委員会

吉永小百合の通算120本目となる『北の桜守』は、『北の零年』(2005年)、『北のカナリアたち』(2012年)に続いて“北の三部作”のファイナルを飾る一大巨篇だ。太平洋戦争が終結したかと思いきや、旧ソ連軍の侵攻によりサハリン(旧樺太)を追われ、息子たちを連れて北海道・網走へとたどり着いた“江蓮(えづれ)てつ”の果てしなき大河のごとき人生。本作で彼女は、30代後半から60代後半までを演じ切っている。

出演作120本目は“節目”であり“通過点”であり

―― まずは、完成した映画の手応えから聞かせていただけますか。

吉永 6カ月間かけて作りあげたのですが、観てくださる方々に何かを投げかけるような作品になったと思います。戦争のこと、あの時代のこと、それから、生きていくということ……きっといろいろと感じていただけるのではないでしょうか。

―― 心境的に、120本目というのは“節目”ですか、それとも“通過点”ですか?

吉永 両方です。自分としては最初は、ただひたすらに「良い作品を!」って気持ちだったんですね。ところがクランクインの前あたりから、ひとつの“区切り”の意識が強くなりました。「ちょうど120本、これで終わりにしてもいいのではないか」とか、「もしかしたらこの映画が最後かもしれないなあ」と。ただその消え方って難しくて、今、原節子さんのように姿を消し、伝説の中で生き続けることはできないですよね。特に私は原さんと違って、泳いだり、普段も積極的に外へ出たいタイプ。ならば可能な限り、このまま好きな仕事に身を投じていくほうがいい。しかもいざ撮影が終わってみたら、とても充実した時間を過ごせて、映画の世界をもっと歩いていきたいという気持ちが増したんです。どこまでやれるか分からないけれど、挑戦してみたいです。とは言っても120本ですから、金属疲労というのはすごくありますよ。本当に。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >