2018/03/20 07:00

性春&同性愛!? 新鋭たちの熱が、枠に収まらない『サイモン&タダタカシ』

(C)2017PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)

3月24日公開の『サイモン&タダタカシ』は、一見するとちょっとおバカでゆる~い青(性)春ロードムービー。でも、騙されてはいけない。よくよく見ると、気鋭のスタッフとキャストたちの異才がぶつかりあう野心にあふれた1作なのだ。

舞台演出家としても活躍する新鋭、小田学監督の笑い

まず、触れておかないといけないのは、本作がPFFスカラシップ作品であること。

PFFスカラシップとは、自主映画の祭典として知られる「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」が、その年のPFFアワードに入選した監督から、オリジナル脚本での新作の企画を募り、1名のみが権利を獲得。その権利を獲得した監督を企画開発から作品の制作、公開までをトータルプロデュースする映画支援システムで、過去には内田けんじ監督の『運命じゃない人』(2005年)、石井裕也監督の『川の底からこんにちは』(2010年)などの作品が生まれている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >