2018/03/15 08:00

木村拓哉のドラマ「BG」好調! その理由を解く鍵は“チームプレイ”!?

BG高梨役の斎藤工(左)とBG菅沼役の菜々緒(右)
「BG~身辺警護人~」木曜よる9時 (C)テレビ朝日

文=木俣冬/Avanti Press

「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日 木曜よる9時~)が後半に来て、大きな盛り上がりを見せている。

放送開始した頃は、木村拓哉演じるボディガード島崎の活躍を一話完結で見せる、シンプルなドラマと思っていた。武器を持たず、己の肉体のみで人を護る島崎のストイックなところと、家に戻ると、息子とふたり暮らしのやもめで、息子に尊敬されているかといえばそうでもなく、仕事時のようなかっこよさはない、そのギャップを楽しむドラマかと。

ところが、7話に来て、にわかに話が連続ドラマのダイナミズムを帯びて来た。島崎が所属する身辺警護課の課長・村田(上川隆也)が、事件に巻き込まれて命を落としてしまうのだ。新設の課のため、属している者たちの結束はバラバラで、とりわけ、島崎と高梨(斎藤工)の仲が悪く、何かとぶつかりあっていたものの、回を追うごとに少しずつ、チームワークが生まれはじめていた。その矢先の課長の死だっただけに、登場人物のみならず、視聴者のショックは計り知れないものがあった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >