2018/04/09 07:00

スローライフな生き方の内側。生への前向きさが鼓舞させる『モリのいる場所』

(C)2017「モリのいる場所」製作委員会

画壇の仙人と呼ばれ、少年のように無邪気に生きた画家の“モリ”こと熊谷守一が、妻や訪問客らと織りなす1日をユーモラスに描いた映画『モリのいる場所』(5月19日より公開)。本作は、スローライフな日々を過ごす熊谷を通して、世知辛い現代を生きる我々に、精神的な豊かさや本当の幸せとは何なのかを問いかけてくる、大人のファンタジー作品だ。

いつも以上に賑やかな熊谷家のとある1日をとらえる

舞台は、昭和49年の東京。山﨑努が扮する熊谷は94歳で、30年もの間、家の外には一歩も出ず、午前中に草木が生い茂った庭で動植物や石を観察し、深夜に絵を描く生活を続けていた。その傍には常人離れした熊谷の言動にもあっけらかんと構える妻の秀子(樹木希林)や、熊谷の姪で家事を手伝う騒々しい美恵がいる。

加えて熊谷の自宅には、熊谷を敬愛するカメラマンの藤田武、画商らが出入りする。気づくと誰だか全く分からない男が紛れていたりもする。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >