2018/03/14 19:00

オスカー獲得! ギレルモ・デル・トロ監督が、ボクらを揺さぶる理由

Steve Granitz / Getty Images

たとえば、『美女と野獣』を“獣人の出てくるモンスター映画”と言わないように『シェイプ・オブ・ウォーター』を“半魚人映画”と語ってしまってよいものか? でも僕は、デル・トロ監督がこの映画を作ると聞いたときから、素晴しいモンスター映画、半魚人映画になるに違いないと思っていました。そして、『シェイプ・オブ・ウォーター』は、そのとおりの素敵な作品でした。

なぜ、半魚人との恋だったのか?

監督自身が認めているように、本作は50年代のクラシック・モンスター映画『大アマゾンの半魚人』(1954年)から影響を受けています。『大アマゾンの半魚人』に登場した“半魚人”の造形・デザインがあまりに強烈で、以後少年誌の怪奇特集などには必ずこのモンスターが紹介され、フランケンシュタインの怪物級にメジャーなホラースターとなりました。

僕にとってもお気に入りのモンスター。でも大人になって初めて『大アマゾンの半魚人』をちゃんと鑑賞したら、ちょっと拍子抜けしたのです。あのすごい容姿の半魚人が人をガンガン襲う映画を期待していたら、そんなに暴れない。さらにビックリしたのは、この半魚人が探検隊の女性に恋してしまう悲恋の物語だったこと。“モンスター・ホラー”としては物足りなかったけれど、この半魚人の想いが心に残る、愛すべき作品でした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >