2018/04/12 01:00

宮崎駿映画の影響も!『リメンバー・ミー』をもっと楽しむためのトリビア集

(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. (C)2018 Disney. All Rights Reserved.

今年3月4日(アメリカ現地時間)に発表された第90回アカデミー賞で、長編アニメーション賞と主題歌賞の2部門を受賞したディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』が、3月16日に日本公開される。

本作のテーマは、日本における「お盆」の風習にあたるメキシコの祝日「死者の日」。家族によって音楽を禁じられたギター少年ミゲルが「死者の日」に経験する冒険を通じて、時を超えた家族の強い絆を描く感動作だ。ここでは、『リメンバー・ミー』をもっと楽しむためのトリビアをお届けしよう。

(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. (C)2018 Disney. All Rights Reserved.

【トリビア1 「死者の国」は宮崎駿映画の影響を受けていた】

『リメンバー・ミー』のビジュアルで、ひときわ目を引くのが、明るくカラフルな「死者の国」。映画サイト、スラッシュ・フィルムによると、本作のプロダクション・デザイナーである、ハーレイ・ジェサップは製作初期に『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』を観て、「死者の国」のビジュアルに関するインスピレーションを受けたそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >