2018/03/22 17:00

究極の料理、日本を感じる街並み…映画の中の「台湾」良いとこ、一度は観てね

映画のロケ地はもちろん台湾ですが、なんだか日本のような風景もたくさん出てきます。しかし、それも台湾に現存する建物を、そのまま使って撮影されたもの。映画の序盤に登場する神社も、実際に台湾の嘉義公園内にあります。野球部の監督の自宅として登場する古い日本家屋も、日本統治時代のものがそのまま残っているものを、撮影に使用しました。

この作品の舞台となっている嘉義市は、台湾の中心・台北からは少し離れた場所にあり、80年以上前に日本人が作った建物がまだ残っています。そのレトロな佇まいが昔の日本を思い出させてくれると、建物を回るツアーは日本人に人気なのだとか。台湾で昔の日本にふれるというのは、ちょっと不思議な感じがしますね。

若い男女の視点から、台北デートを疑似体験!?『台北の朝、僕は恋をする』

恋人が留学したフランスへ行くことを夢見る台北の青年カイと、どこか孤独な面影をもつ女の子スージー。『台北の朝、僕は恋をする』(2010年)は、そんな2人が巻き込まれる騒動の一夜を描いた、ロマンティックな恋愛映画です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >