2018/03/23 11:00

自称2.5枚目俳優・大野拓朗、「天才てれびくん」が変えた俳優観

第25回ミスター立教、ホリプロによる「キャンパスター☆H50」グランプリ受賞。スタートラインからしてイケメンロードを約束されたにも関わらず、「2.5枚目俳優」を自称し、M-1グランプリに挑戦した変わりモノ俳優がいる。その男の名は、大野拓朗。

現在放送中のNHK朝ドラ「わろてんか」の漫才師役で認知上昇中の注目株だが、パパママ世代や子供たちの間ではNHKEテレ「Let's天才てれびくん」(2014年~2017年)の“大野課長”としてすでにブレイク済。大野自身も同番組を通して「怖いものがなくなった」と手応えと成長を感じている。子供番組がイケメンの何を変えたのか。

生まれた瞬間からずっとモテ期

「Let's天才てれびくん」は、てれび戦士と呼ばれる数名の子供たちが様々な企画に挑戦するEテレ平日の人気子供番組。大野は同番組に3年間、奇抜な衣装と漫画「ドラゴンボール」のサイヤ人さながらの逆立った髪形で“大野課長”としてレギュラー出演。子供たちを束ねるお兄さん的存在を、情熱的な演技で務め上げた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >