2018/03/23 17:00

高島礼子と文音が“終活”を語る! 『おみおくり』インタビュー

女性納棺師・永井結子著の「今日のご遺体 女納棺師という仕事」を原案としたヒューマンドラマ『おみおくり』が3月24日より全国公開される(17日より富山にて先行公開)。主人公となる女性納棺師・満島弥生に扮したのは、極道の妻、弁護士といった幅広い役を巧みに演じ分ける名女優・高島礼子。幼い頃に両親を交通事故で失ったトラウマを抱えながら満島のもとで納棺師として成長していく河村亜衣を、女優デビュー作『三本木農業高校、馬術部』で日本アカデミー賞新人俳優賞を獲得した文音(あやね)が熱演している。

TVドラマ「SAKURA〜事件を聞く女〜」で共演済みということもあって、取材現場で姉妹のような仲の良さを垣間見せてくれた高島礼子と文音にお話を伺った。

Q:役作りとして、どのようなことをされましたか?

高島礼子(以下、高島):弥生は、自分の過去に向き合いつつ、明るく生きている人だと思いました。死に直面する納棺師の役ですが、暗くなり過ぎないように演じることを心掛けました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >