2018/04/11 17:00

カメラを一気にぶっ壊し! とんねるずの“スゴすぎる伝説”たち

3月22日に「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が最終回を迎え、前身番組から数えて30年の歴史に幕を閉じた。最後に2人で「情けねえ」を歌う姿に胸打たれた視聴者も多く、「みなおかロス」に悲しむ声や、とんねるずを再評価する声があちこちから上がっている。そんなとんねるずは、これまでによくも悪くもたくさんの伝説を残してきた。その一部をご紹介しよう。

カメラ転倒で800万円弁償!? 伝説の“アノ事件”とは!?

破天荒な芸風で知られるとんねるずの最も有名な伝説は、「テレビカメラ破壊事件」だろう。1985年、深夜バラエティ番組「オールナイトフジ」(フジテレビ系)でデビュー曲の「一気!」を歌唱中、カメラに石橋が突進。カメラマンはビックリしてカメラを動かし、そこで貴明も振り落とされないようにつかまった結果、バランスが崩れて倒れてしまってカメラが破損してしまったのだ。

壊れたカメラの修理代は800万円だったと、のちにスタッフがインタビューで明かしている。2014年11月3日放送の「ごきげんよう」(フジテレビ系)に出演した木梨によると、この修理代は「大人になって聞いたら、保険入っているんで、大丈夫なんです」とのことだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >