2018/04/15 17:00

松坂桃李が素っ裸に!刺激と官能の最新作インタビュー

撮影=岡本武志

2018年、日本映画における最初で最大の衝撃は、『娼年』という映画が担う。劇作家・三浦大輔は『愛の渦』や『何者』で映画監督としての才も存分に発揮してきたが、2016年に自身が演出した舞台『娼年』は、毎夜舞台上で繰り広げられるR15指定のそれが話題を呼び、観た者は興奮し、観られなかった者は無念がり、話を聞いてやはり興奮した。

そして、待望の映画化。
ことに、昨年から今年にかけて、松坂桃李は映画で、好青年というパブリックイメージを破り、いずれも観る者に発見と歓喜をもたらしたが、『娼年』でさらに彼の懐の深さを証明する。素顔じゃない、刺激と官能の仮面を被った、素っ裸の松坂桃李がここにいる。

20代最後の、この当時の僕のベスト

撮影=岡本武志

「『娼年』というものを、完結できた感じですかね。舞台をやってすぐに映画化の話が出ていました。ただ、舞台でかなり三浦(大輔)さんも僕も出し切った感はあったんです。だから、そこから映画の『娼年』に行くまでのストロークが結構大変というか。気持ちのモチベーションがすっからかんな状態だったのを、お互いに高めていくことが必要でした。三浦さんが与えてくれたのは、より高いハードルを課すということ。そのことによって、ふたりの共犯関係が五分五分で撮れる。結果、映画に臨むモチベーションも上がったと思います。この作品は、もし何かあったら、僕の責任でもあるし、三浦さんの責任でもある。そこが五分五分の関係性ということ。ちょっと珍しいんですけど。映画って監督のものだったりするじゃないですか。でも、ここではお互いが責任を持ち合う」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >