2018/04/17 17:00

「同時期公開の“スピルバーグ映画”は傑作になる」という映画的法則

Axelle/Bauer-Griffin/Getty Images

3月30日にヴェトナム戦争末期の国家機密文書をめぐって報道の自由と信念を問う『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』、4月20日にはVRゲームに興じる近未来世界を描いたSFバトル・ファンタジー大作『レディ・プレイヤー1』と、スティーヴン・スピルバーグ監督の新作2本がたて続けに日本で公開される。

若き日より、その名を世界中に轟かせ続けるスピルバーグ。そんな彼の新作が同時期に数本も発表されるのは、実は今回が初めてではない。彼とともに映画ファンとしての人生を歩んできた者としては、「これはまた傑作になるな」といった予想でニンマリさせられるものがあるのだ。

少しでも多くの映画を発表したいという貪欲な姿勢

今回の偉業に関しては、『レディ・プレイヤー1』を製作中に『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』の脚本を読んだスピルバーグが、「アメリカ報道機関の現状と相通じるものがあるこの事件を、今すぐ映画化するべきだ」と思い立ち、2017年5月30日から『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』のメインユニット撮影をはじめ、およそ50日で撮了し、同年12月22日に限定公開を成し遂げた(2018年1月12日に全米拡大公開)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >