2018/05/04 08:00

ハリウッド版はパリピオーラ全開!? 意外と知らない『ピーターラビット』映画たち

累計発行部数が全世界で2億5,000万部を超えるイギリスの名作絵本『ピーターラビット』シリーズ。日本でも、絵本やグッズで、同キャラクターに触れた経験を持つ人は少なくないでしょう。そんな世界規模で人気を博す同シリーズが、今年2018年、ついにハリウッドで実写映画化され、まもなく日本でも公開されます。

アメリカでは今回初めて実写化された『ピーターラビット』ですが、本国イギリスではすでに40年以上前にバレエ映画が製作され、大ヒットを記録していました。そこで今回は、これまでに発表された『ピーターラビット』関連作品をご紹介します。

バレエ映画『ピーターラビットと仲間たち/ザ・バレエ』

『ピーターラビット』の絵本の世界が初めて映像化されたのは、1971年のこと。バレエ映画『ピーターラビットと仲間たち/ザ・バレエ』(1971年)でした。

出演は、イギリスが誇る英国ロイヤル・バレエ団。精巧にデザインされたマスクと衣装に身を包み、物語に登場するキャラクターに扮したダンサーたちが、華麗にバレエを舞いながら、5つのストーリーをメドレー形式に演じます。イギリスを代表する振付家フレデリック・アシュトンによる演出は、愛らしさとユーモアに満ち、目が釘付けになります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >