2018/05/17 19:00

現代アメリカ“最大”のドル箱スターとは?『ランペイジ 巨獣大乱闘』がスゴイ4つの理由

LAの映画館の上映サイン
撮影:町田雪

【町田雪のLA発★ハリウッド試写通信 ♯01】

「LA発★ハリウッド試写通信」では、ロサンゼルス在住のライターが、最新映画の見どころやハリウッド事情など、LAならではの様々な情報をお届けします。

世界16ヶ国で週末興収No.1を獲得した最新怪獣映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』は、遺伝子実験の失敗により巨大化したゴリラと、自らの肉体を鍛えぬいた霊長類学者が、タッグを組んで人類の脅威に立ち向かう友情物語だ。登場する巨獣の多さではなく、巨獣と人間との絆を軸に観客に訴えかける。批評家たちの感想は厳しめながら、米国興収は84億円、世界興収は364億円を稼ぐヒットとなっている。その人気の理由を4つ挙げてみたい。

アメリカ最大の「ドル箱スター」に注目!

『ランペイジ 巨獣大乱闘』5月18日(金) 全国ロードショー
(c) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >