2018/05/13 07:00

高畑勲監督が結んだ縁…『四月の永い夢』朝倉あきインタビュー

朝倉あき 撮影:栗原論

取材・文=大谷隆之/Avanti Press

世界が真っ白になる夢を見た──。映画『四月の永い夢』は、そんな印象的なナレーションで始まる。ファーストカットは、満開の桜並木に喪服でたたずむ女性。詩情あふれる映像にそっと重なるやわらかい声に「あ、どこかで聞いた記憶が……」と感じる人も多いのではないだろうか。

演じているのは、4月5日に逝去した高畑勲監督の長篇アニメーション『かぐや姫の物語』(2013年)で主人公の声を務めた朝倉あき。映画『横道世之介』(同)やドラマ「下町ロケット」(2015年)、「おんな城主 直虎」(2017年)などの作品で凜とした存在感を見せてきた注目の女優だ。

『四月の永い夢』
5月12日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
(c)WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

台詞以上の何かが伝わる情感豊かな脚本

ヒロインの初海は、東京の国立市で暮らす27歳。以前は中学校で音楽を教えていたが、3年前の春に突然恋人が自ら命を絶ってしまった。それをきっかけに職を離れ、今は近くの蕎麦屋でアルバイトをしている。時間の流れが止まってしまったかのような、一見穏やかな日常。そんなある日、亡き恋人の母・沓子から一通の便りが届く。そこには息子のパソコンから見つかった、初海宛ての最後の手紙が同封されていて……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >