2018/05/10 20:00

“世界のミフネ”三船敏郎のドキュメンタリーを撮ったアカデミー賞監督に単独インタビュー!

“世界のミフネ”と呼ばれ、日本映画の黄金時代を創り出した偉大な俳優・三船敏郎のドキュメンタリー映画『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』が、5月12日(土)より公開される。本作は、黒澤明監督の『羅生門』(1950年)、『七人の侍』(1954年)、『蜘蛛巣城』(1957年)、『用心棒』(1961年)、『赤ひげ』(1965年)、稲垣浩監督の『宮本武蔵』など、全盛期の三船敏郎が出演した代表作に着目。三船敏郎に影響を受けた、スティーブン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといったハリウッドの巨匠たち、現在の日本映画界を代表する名優・役所広司、彼と仕事をした日本の映画関係者、俳優仲間、家族らの貴重なインタビューや映像資料をもとに、サムライ映画の進化を加速させた三船敏郎の役割と彼の波乱万丈な人生を描いている。

本作のメガホンを取ったのは、日系三世のスティーヴン・オカザキ。アカデミー賞候補4回、1991年にはドキュメンタリー『収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性』でアカデミー賞短編ドキュメンタリー映画賞を受賞した名匠だ。来日したスティーヴン・オカザキ監督にお話を伺った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >