2018/05/17 11:00

“蚤取り”が女性を喜ばせる!? 今では考えられない江戸時代の珍職業

『のみとり侍』5月18日公開 (C)2018「のみとり侍」製作委員会

YouTuberやVR作家などデジタル技術の進化により、昔では考えられなかった職業が次々と誕生しています。しかし、その逆もしかりで、歴史を振り返ると、今聞けば耳を疑ってしまうような職業が多数存在しました。特に“江戸時代”は、珍職業の宝庫だったんです!

お偉いさんの“オナラ”を肩代わり!

現代とは異なり身分制度が敷かれていた江戸時代。良家の人物ともなるとその行動に品格が必要とされます。「屁負比丘尼(へおいびくに)」とは、ずばり屁を負う比丘尼のこと。比丘尼は“出家した女性僧”をさし、良家の妻女や娘に付き添い、彼女たちがオナラをしてしまった時に、「今のは自分です!」と名乗り出て身代わりになった職業だったそうです。

この屁負比丘尼は別名、科負(とがおい)比丘尼とも呼ばれ、オナラ以外のはしたない行いや過失も代わりに背負いました。いくら身分社会とはいえ、「どんだけ甘やかされているんだよ……!」と思ってしまうのは筆者だけではないはず。……というより、オナラってそんなに罪深いことなのでしょうか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >