2018/05/21 17:00

『火垂るの墓』未完成版で公開の“秘話” 鈴木敏夫氏が語る高畑勲監督との40年

鈴木敏夫氏(左)と高畑勲監督

1978年、雑誌『アニメージュ』の編集者だった鈴木敏夫は、取材を依頼するため初めて高畑勲と電話で話した。以来二人の付き合いは40年に及ぶ。映画作りのパートナーとしての初仕事は『風の谷のナウシカ』(1984年)。この作品で高畑はプロデューサーを務めている。

「高畑さんは、プロデューサーとは何かを教えてくれた。一番印象に残っているのは“プロデューサーの仕事は、監督を守ることだ”と言われたことです。映画を作るとき、監督は独りでいろんなものを背負わなくてはいけない。スタッフがみんな、その味方になってくれるかと言ったら、そんな簡単なものではないんです。そんなときプロデューサーは、監督のやろうとすることを、自分の意に沿わなくても守ると。スタジオジブリの場合は高畑さんと宮さん(宮崎駿)中心で映画を作るわけですから、一種の作家主義です。その中でプロデューサーの僕にできることと言えば、話し相手になることですね。高畑さんと映画を作るときには、四六時中話していましたよ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >