2018/05/25 18:00

大谷亮平、意外にも本作が映画初主演! 『ゼニガタ』インタビュー

2003年、韓国を拠点にモデルと俳優の仕事をスタート。2016年、日本デビューを飾るや否や、レギュラー出演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が社会現象を巻き起こし、“逆輸入俳優”として一躍脚光を浴びた大谷亮平。今年10月に放送を開始する、NHK連続テレビ小説「まんぷく」へのレギュラー出演も決定し、飛ぶ鳥を落とす勢いの彼が満を持して5月26日公開の『ゼニガタ』で映画初主演を果たす。本作で彼が挑むのは、ハードボイルドなダークヒーロー。表向きは居酒屋「銭形」の経営者、裏では10日で3割の超暴利で金を貸しつける闇金屋という、銭形富男をクールに演じている。いま、もっとも旬な俳優のひとりである大谷亮平にお話を伺った。

日常生活の一部を切り取る感覚で演技

Q:ダークヒーローを演じる上で心掛けたことは?

富男はハードで非現実的なキャラクターですから、あまりそこを強く出してしまうと偽者っぽくなってしまいます。彼の日常生活の一部を切り取る感覚で演じました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >