2018/06/03 07:00

KAT-TUNデビュー曲は“法則”から!? あのアイドルのヒット曲誕生秘話

5月12日放送の「王様のブランチ」(TBS系)に歌手・郷ひろみが出演。自身の代表曲「お嫁サンバ」にまつわる秘話を明かした。最初にメロディーだけを聴いて「すごくいい歌だな」と感動したものの、できあがった歌詞が気に食わず、プロデューサーに「これはないでしょ」と抗議したという。ところが同曲は大ヒットを飛ばし、第14回日本有線大賞・有線音楽賞を受賞。歌手として大きく飛躍するきっかけの曲となったのであった。このように、名曲には誕生秘話がつきものである。

「サンバ」に「アチチ」攻めの姿勢で大ヒット!?

「お嫁サンバ」といえば、「♪恋する女はきれいさ~」の歌い出しで知られる、郷ひろみを代表するシングル曲だ。サビ部分の「1.2.3バ2.2.3バ お嫁 お嫁 お嫁サンバ」は超がつくほど有名なフレーズだが、初めてこの歌詞を目にした郷の戸惑いは大きかった。

レコーディング直前まで渋っていた郷を説得したのが、プロデューサーの酒井政利。「これを歌えるのは郷ひろみしかいないんですよ。カッコいいメロディーにカッコいい詞は誰でも歌えるし、ありきたりの歌じゃないですか。でもこれをやれば、間違いなく永遠に歌い継がれていく歌になります」という言葉で、郷は決意したのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >