2018/06/05 11:00

ひとつの映画でもこんなに違う!? 日米のアプローチ比較

『30年後の同窓会』6月8日(金) TOHOシネマズ シャンテ 他、全国ロードショー
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

【町田雪のLA発★ハリウッド試写通信 ♯04】

「LA発★ハリウッド試写通信」では、ロサンゼルス在住のライターが、最新映画の見どころやハリウッド事情など、LAならではの様々な情報をお届けします。

人生の酸いも甘いも知り尽くした3人の中年オジサマたちが主役の『30年後の同窓会』。うち1人の息子の死をきっかけに再会した彼らが、封印していた過去を振り返り、トラウマや孤独から救済される姿を描いたロードムービーだ。

監督は、シネマ史に残るラブストーリー『ビフォア』3部作(*)で男女の切ない17年越しの関係を、『6才のボクが、大人になるまで。』(2014年)では少年と家族の12年間をリアルに綴ったリチャード・リンクレイター。オジサマ目線でも、そのオフビートなキャラ設定と切ないムード演出は健在で、あたたかい余韻の残る1本だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >