2018/06/09 09:00

ピアノは人を成長させる。ピアノが繋ぐ人間関係が素敵な邦画4選

(c)2018「羊と鋼の森」製作委員会

スクリーンの中からこぼれ出てくる美しいピアノの音色に、心を奪われたことはないでしょうか。洋画・邦画を問わず、「ピアノ」をテーマとした映画は昔から数々の名作が生み出されています。『戦場のピアニスト』(2002年)然り、『海の上のピアニスト』(1988年)然りです。

中でも、今回は演奏シーンが素晴らしいだけでなく、ピアノを通して登場人物がさまざまな成長を遂げていく作品を4つ、ご紹介します。

孤高の天才少女と落ちこぼれ音大受験生の奇跡のハーモニー『神童』

天才ピアニストとして周囲の期待を一身に受けながらも、ピアノ中心の生活を強要されることに反発を覚える中学生・成瀬うたと、ピアノが大好きなのに才能のない音大受験生・菊名和音(ワオ)の物語を描いた『神童』(2007年)。

日本初の本格クラシック音楽映画とも言われる本作。天賦の才を「持つ者」と「持たざる者」の心の交流を通して、2人の運命やピアノの音色が変わっていく様子は、感動の一言に尽きます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >