2018/06/13 16:30

映画の核心に迫る“二人の言葉”リリー・フランキー×是枝裕和 特別対談『万引き家族』

撮影=興村憲彦

当初は『声に出して呼んで』という仮題であった台本は、最終的には『万引き家族』となった。是枝裕和監督の新作である。プロットの段階から目を通していたキャストの要、リリー・フランキーと是枝監督によるこの対談は、5月に開催された第71回カンヌ国際映画祭の前、いや、4月25日の完成披露試写会よりも早く――つまりは作品が完成してかなり初期段階で行われた。互いに手探りだが、しかし、映画の核心へと迫っていく二人の言葉の数々をお届けしよう。

ドキュメンタリーを観ているようだった

撮影=興村憲彦

リリー・フランキー(以下、リリー) この映画、自分の中でまだ整理ができていないんですよ。

是枝裕和(以下、是枝) 僕もそうです。うまく距離が取れていない。観終わって、とにかく“強いもの”になったなあとは感じました。“強いもの”が画面に写っている、と。

リリー 最初のラッシュを観て、ビックリしたんです。プロットや台本とは全く違うものになっていたので。台本を読んだときは、僕は泣いたんですね。叙情的な描写に胸を突かれて。で、撮影をしているあいだは逆に、コメディではないけれど、もう少しほのぼのとした家族の風景になっていそうな気がした。ところが実際に完成作と対峙してみたら、まるでサバイブする家族の日常のドキュメンタリーを観ているようでした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >