2018/06/25 19:00

作品世界のリアリティを探求する『パンク侍、斬られて候』綾野剛インタビュー

撮影=平岩享

『パンク侍、斬られて候』の綾野剛は、いい加減なのにかっこよく、笑えるけれど色っぽい。さまざまな顔を見せていよいよ魅力的だ。『キネマ旬報』2015年5月下旬号以来の表紙を飾る綾野に、新作『パンク侍』について、および俳優としての現在を尋ねる。

――この映画に主演するという話は、どのように始まったのでしょうか

綾野 クランクインする1年半くらい前に、『新宿スワン』(2015年)の公開前配信の際にお世話になった、dTVの方からお話をいただきました。監督も僕たちも、主役を綾野剛さんにやってもらいたいと思っている、と。そのときイメージキャストを見せてもらって、ヒロインについてはまだ何もイメージがなかったのですが、男性キャストはほぼそのままこの映画にキャスティングされています。なかなかそういうことはないです。

最初は配信のみの企画と聞いていました。配信の作品は僕も観ていますし、素晴らしい海外ドラマなどありますから、現在では配信に対して今までと違う向き合い方をしていかなければいけないと思っていますが、当時の僕は、映画とドラマに育てていただいたという意識が特に強く、ましてや町田康さん原作で石井岳龍さんが監督する作品であれば、配信ではなく映画館で上映するのが一番いいのではと。そのあとすぐにいろいろなことが具体化し、映画化する運びになりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >