2018/07/01 07:00

粘土アニメの制作過程は壮絶…!巨匠ニック・パーク監督のこだわりとは

『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』/2018年7月6日(金)、TOHOシネマズ 上野ほか全国ロードショー/(C)2017 Studiocanal S.A.S. and the British Film Institute. All Rights Reserved.

7月6日に公開される『アーリーマン』は、ストップモーション・アニメーションの巨匠、ニック・パーク監督が手掛けた作品。イギリスで2008年にテレビ放映された『ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢』(日本は2009年劇場公開)以来、同氏が10年ぶりにメガホンをとった話題作です。

この作品では粘土を使った人形を1コマずつ撮影し、それをアニメにする、ストップモーション・アニメーションという手法が使われています。パラパラ漫画のように、1コマずつ画面を作り、それをつなげて人形が動いているように見せるというものです。

ストップモーション・アニメーションの映画は数あれど、ニック・パーク監督の手がけた作品は、常に世界の映画人の注目の的。クレイ(粘土)人形のもつ温かさと、ストップモーション・アニメーションとは思えないリアルさが両立しており、過去に4回もアカデミー賞に選ばれています。その注目すべきポイントを、一足先に試写会でチェックして来ました!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >