2018/06/25 11:30

『パンク侍、斬られて候』特集。前代未聞の爆裂映画、徹底解剖!!

映画『パンク侍、斬られて候』(C)エイベックス通信放送

前代未聞の超娯楽時代劇!

芥川賞作家の町田康が、2004年に発表した傑作時代小説『パンク侍、斬られて候』。江戸時代を舞台にしながらも、“今っぽい”口調で交わされる滑稽な会話劇、強烈な個性を放つ特異なキャラクター、現代社会を風刺する世界観、先読み不可能なストーリー展開は、今もなお、熱狂的なファンを生み続けている。そんな超破天荒な物語が、6月30日(土)に実写映画となって登場する。

冒頭から疾風怒濤にして予測不可能な物語が展開

 (C)エイベックス通信放送

あらすじ

ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼中の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と称すその浪人の名は、掛十之進(かけ・じゅうのしん)。彼は、「この者たちは、いずれこの土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが……。クセモノたちが次々と現れるなか、ある隠密ミッションの発令によって、想像をはるかに超える前代未聞のハッタリ合戦が始まる!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >