2018/07/03 07:00

ゴダールは“残念な夫”!? 妻の目で見た巨匠の素顔『グッバイ・ゴダール!』

(c)LES COMPAGNONS DU CINÉMA – LA CLASSE AMÉRICAINE – STUDIOCANAL – FRANCE 3.

“ヌーヴェルヴァーグの旗手”と呼ばれ、映画史を語る上で欠かせない存在、ジャン=リュック・ゴダール。手持ちカメラでの撮影や、即興演出といった斬新な手法をいち早く取り入れ、映画の既成概念を幾度も塗り替えてきた巨匠です。

誰もが認める映画人ですが、7月13日より公開される『グッバイ・ゴダール!』で描かれるのは、映画監督としてではなく、夫としてのゴダールの顔。これが、なんとも“残念”なんです。

2番目の妻アンヌと過ごした短い結婚生活

 (c)LES COMPAGNONS DU CINÉMA – LA CLASSE AMÉRICAINE – STUDIOCANAL – FRANCE 3.

本作は、ゴダールの2番目の妻であり、『中国女』(1967年)で主演を飾ったアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説を映画化したもの。『中国女』の撮影を機に距離を縮め、夫婦となった20歳のアンヌと、36歳のゴダールの結婚生活が綴られます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >