2018/07/13 07:00

家族で楽しめる、夏休み映画の本命『未来のミライ』を見逃すな!

(C)2018 スタジオ地図

『時をかける少女』(2006年)で注目され、前作『バケモノの子』(2015年)は興行収入が58億円を突破(※1)するなど、今やスタジオジブリに肩を並べ、日本のアニメーションを代表するヒットメーカーとなった細田守監督。

最新作『未来のミライ』は、甘えん坊の男の子“くんちゃん”と、未来からやってきた妹の“ミライちゃん”が織り成す、世代と時空をこえた冒険活劇だ。細田作品のテーマともいえる“家族”を、正面から見据えた作品に仕上がっている。

小さな兄と大きな妹が時空をこえて大冒険!

(C)2018 スタジオ地図

あらすじ

とある都会の片隅にある、小さな庭に小さな木が生えた小さな家。そこで暮らす4歳の甘えん坊・くんちゃんのもとに、妹のミライちゃんがやって来る。しかし、両親の愛情を妹に奪われた気がするくんちゃんは、ミライちゃんのことを好きになれない。そんな時、家の庭に、彼のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、未来から来た妹のミライちゃんが現れる。ミライちゃんに導かれ、時をこえた“家族の物語”へと旅立つくんちゃん。それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりだった!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >