2018/07/18 11:00

絶体絶命の実話を描く「サバイバル映画」名作まとめ

『マイナス21℃』7月21日公開 (c) 2016 Six Below LLC.All Rights Reserved.

極寒の雪山で遭難した元アイスホッケー選手が、8日間にわたり壮絶なサバイバルを繰り広げた実話を映画化した『マイナス21℃』(7月21日公開)。凄まじい遭難体験をリアルに再現した本作のように、実話を基にしたサバイバル映画は名作ぞろい。これらの作品を振り返りながら、「これって本当に実話?」と思わずにはいられない、想像を絶する“サバイバル体験”に迫ります。

圧倒的な3D映像で史上最悪の遭難事故を体感!『エベレスト3D』

世界最高峰のエベレストにおいて、史上最悪とまで言われた1996年の大量遭難事故を忠実に再現した山岳映画が『エベレスト 3D』(2015年)です。

世界各地から集まったエベレスト登頂ツアーの一行は、予期せぬトラブルや未曽有の嵐に見舞われ、標高8,000m超という状況下で散り散りになってしまいます。そこは、人間が生存できないとされる死の領域“デス・ゾーン”。極端に低い酸素濃度に、目を突き刺すようなブリザードの直撃……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >