2018/07/21 09:00

ブエナ・ビスタ続編の“異例の事態”に見る「ドキュメンタリー作品の落とし穴」

『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』
7月20日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開
(C) 2017 Broad Green Pictures LLC
【町田雪のLA発★ハリウッド試写通信 ♯07】
「LA発★ハリウッド試写通信」では、ロサンゼルス在住のライターが、最新映画の見どころやハリウッド事情など、LAならではの様々な情報をお届けします。

1999年に米公開され、サプライズ・ヒットを飛ばしたキューバ音楽ドキュメンタリー『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』。

18年ぶりの続編『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』は、バンドや原作映画のファンはもちろん、初めて観る人の胸をも熱くする作品だが、米国では、ある舞台裏の“事件”でも知られている。愛すべき音楽映画の続編に見るドキュメンタリー作品の落とし穴とは?

映画の「その後」を描いた貴重な作品

同映画の被写体は、90代のギタリストをはじめとするキューバのベテラン歌手や伝説の音楽家たちが集結したバンド、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ。1997年にリリースされたアルバムは400万枚を売り上げ、グラミー賞を受賞、世界中を熱狂させた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >